FC2ブログ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/01/14 (Mon) 08:59
システムトレードに直感力は必要か


羽生善治さんの著書「直感力」に関して紹介記事がネット上にありました

(以下、引用)

直感は、本当に何もないところから湧き出してくるわけではない。考えて考えて、あれこれ模索した経験を前提として蓄積させておかねばならない。また、経験から直感を導き出す訓練を、日常生活の中でも行う必要がある。

もがき、努力したすべての経験をいわば土壌として、そこからある瞬間、生み出されるものが直感なのだ。それがほとんど無意識の中で行われるようになり、どこまでそれを意図的に行っているのか本人にも分からないようになれば、直感が板についてきたといえるだろう。
さらに、湧き出たそれを信じることで、直感は初めて有効なものとなる。

(引用終わり)

システムトレードに「直感」は必要ないと思っていたのですが、だんだんと考えが変わってきました。

たとえば、
荒れた相場で大きく価格が乱高下し、板も極端に薄くなっている状態の時、短期の乱高下にはシステムトレードも弱く、
1年前まではお手上げ状態で完全にエントリーを控え、パソコン画面もあまり見ていませんでした

しかし、最近は、果敢に飛び込むことができるようになってきています。まだ勝率は自慢できるところまではいってませんが、確実に進歩しているようです。
やはり、逃げずに場数を踏むことによる訓練は必要と感じます。
ですから、荒れた相場の時はパソコンに張り付いて動きを肌で感じるようにし、場が終了してからも、ザラ場ソフト「Best225」で再現させてチェックしています

↓↓もし応援していただけるなら、クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
関連記事

テーマ : 日経平均先物・オプション売買戦略 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< 11000円台_火曜日_本日の戦術は? | ホーム | SQ週にしては_週間成績 >>

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。